非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】

心の病は分かりづらい

男性

どのような病気でしょうか

非定型うつ病は落ち込むことだけでなく、イライラしたり不安になったり、良いことや楽しいことがあれば楽しむことができたり、良くないことが起きると死にたいくらい落ち込むこともあります。憂うつな気分は続くが好きなことや興味のあることは打ち込め楽しい、夕方にイライラしたりリストカットなどの自傷行為を抑えられなくなったりする、どんなに寝ても眠いなど、日常生活を過ごすうえで支障が出てきます。非定型うつ病は適切に治療すれば時間はかかりますが治る病気です。治療は薬物療法や精神療法、心理療法、生活習慣の見直しが必要になります。治療は一様ではなく、生活習慣の見直しが必要であるように人それぞれかかわるポイントは違います。薬物療法では気分の落ち込みを抑える薬を使います。睡眠の質が低下している場合には症状に合わせて睡眠薬を使います。心理症状では話すと楽になったり、思考の悪循環のスパイラルを変えたりできるようにアプローチすることもあります。主治医やカウンセラーと生活習慣を見直し、健康的な生活を送れるようにすることあります。薬の効果が出始めるのに2週間程度の時間がかかります。ただでさえしんどい時に生活習慣の見直しをすることは大変ですので時間もかかります。個人差も大きいです。この病気かもしれない人は症状を人に相談することなく、自分で抱えているのではないでしょうか。怠けているだけと思われるかもしれないので言えないかもしれません。しんどくて困っているということを信頼できる人や医師、カウンセラーに話してみてはいかがでしょうか。20〜30台の女性に増え続けている心の病に非定型うつ病があります。従来のうつ病とはちがって自己判断がつきにくく、検査で異常が見逃さないために見逃してしまうこともあります。ここではうつ病と新型うつ病の違いをお伝えしします。大きく違う点が食事・睡眠・落ち込む時間にあります。従来のうつ病では、気分の落ち込みは数週間から月単位で落ち込んだまま食欲もなく不眠の状態が続きます。それに対して非定型うつ病では抑うつ状態は軽度で、睡眠も過眠・昼夜逆転、目覚めが悪くなるなど様々は種類があります。食欲は過食で体重が増えることもあります。うつ病では明け方にしんどくなるが、非定型うつ病では夕方に悪くなることが多いです。良いことには気分がよくなり、悪いことが起これば強く落ち込むことも特徴的です。誰にでもかかる可能性がある病気ですが、どういう人がかかりやすいのでしょうか。それは、手がかからない子だった、責任感が強い、自己主張・要求ができない、甘えられない・甘えない、他人に助けを求めない、プライドが高い、優しい人がかかりやすいです。この性格の特徴にはこの記事を読んでいる人は誰にでも当てはまりやすいです。原因は遺伝や育った環境が影響しており、思春期の多感な時期にうまく過ごすことができず、時間をかけて症状として現れています。非定型うつ病以外にも最近多い心の病にはパニック障害・社会不安障害、境界性パーソナリティ障害があり隠れていることが多い病気でもあります。自己判断をせずに精神科や心療内科の医療機関を受診することをおすすめします。

医者

どう治していくか

非定型うつ病の治療法は主に「薬物療法」と「精神療法」に分けられ、症状に合わせて併用される事が多いです。また、非定型うつ病の治療期間は長期化傾向にあり、それに伴い治療費も上がるため、制度や手当を利用し適切な治療に専念することが重要でしょう。

詳しく見る

カウンセリング

早めに治療を始めましょう

非定型うつは従来のうつ病とは、多少は症状が違ってくるので、周囲の家族や本人も気づきにくい傾向があります。感情の起伏が激しくなったり、憂鬱な気分が続いたりすることもあります。気になる症状が見られる時は早めに病院を受診しましょう。

詳しく見る

男性

精神療法が効果的です

非定型うつは従来のうつ病とは違い、感情の起伏が激しくなったり、他人の言葉や態度などに敏感になったりする人が多いです。過食や過眠などの症状に悩んでいる人も多く、短期間で体重が増加することもあります。早めに精神神経科の病院やクリニックを受診しましょう。

詳しく見る

Copyright© 2018 非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】 All Rights Reserved.