非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】

早めに治療を始めましょう

カウンセリング

精神療法はとても有効です

非定型うつは比較的若い20代、30代の人に多い病気ですが、従来のうつ病とは症状も違っているので、本人や周囲の人も気づきにくい傾向があります。非定型うつも気分の落ち込みが見られることも多いですが、好きなことは楽しんだり、活動もできたりするのが特徴です。従来のうつ病は午前中に気分が優れないことが多いですが、非定型うつの場合は不安や緊張を感じることが多く、夕方から夜間に掛けて症状が悪化することが多いです。周囲の人には甘えや怠けだと感じられることが多く、理解を得にくい病気です。気になる症状が見られるので、学業や家事、仕事に影響が出ている場合は、早めに精神神経科の病院やクリニックを受診して下さい。従来のうつ病に比べると、抗うつ剤が効きにくい傾向がありますが、自分の体調や体質に合った薬を処方してもらいましょう。精神神経科の病院やクリニックを選ぶ時は、経験豊富な医師が在籍をしており、カウンセリングなどの精神療法に時間を掛けてくれる所がお勧めです。精神神経科の病院やクリニックは予約制になっている所が多いので、事前に電話で予約を入れておくと良いでしょう。非定型うつは感情の起伏が激しくなったり、他人の意見や叱責などに敏感になったりしている人が多いですが、甘えや怠けではなくひとつの疾患なので、適切な治療を受けることが大事です。カウンセリングなどの精神療法を受けることで、不安や悩みを聞いてもらい気持ちが楽になったり、前向きに治療ができたりするようになります。病気の回復を早めるためには、規則正しい朝型の生活を送ることも大事です。非定型うつは気分の落ち込みや憂鬱な気分が続くこともありますが、好きなことには活動が出来るので、周囲の家族の理解を得にくい場合があります。病気の症状が重い時は励ましをするのは避けたほうが良いですが、病気が回復してくると、買い物や家事などの出来る範囲の活動をさせることで回復を早めることも可能です。周囲の家族は患者の感情の起伏が激しくなることもあるので、対応が難しいと悩んでいる人が多いですが、なるべく一緒に病院やクリニックに付き添ってあげることが大事です。非定型うつは新型うつ病とも呼ばれており、現代は増加傾向にある病気ですが、周囲の家族が正しいサポートを行ったり、早い段階で治療を受けたりすることで回復を早めることは可能です。信頼できる医師が在籍をしているクリニックや病院を選ぶと、精神療法に時間を掛けてくれたり、認知行動療法などの治療も受けられたりします。病気を診断されると不安を感じている人が多いですが、根気よく通院をすることが大事です。非定型うつは怠けや甘えなどではないので、放置をしておくと症状が悪化してしまいます。定期的に通院をすることで、少しずつ回復してくるので、学校や職場に復帰することが可能です。必ずしも入院は必要ではなく、ほとんどの人が通院による治療を受けています。サポートをする家族は腫れものに触るような態度は取らず、普段と変わらないように接することも大事です。地元で評価の高いクリニックや病院を選ぶと、完全個室で診察が受けられるのでプライバシーも厳守してもらえます。

Copyright© 2018 非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】 All Rights Reserved.