非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】

精神療法が効果的です

男性

早めに治療を始めましょう

非定型うつは従来のうつ病に比べると感情の起伏が激しくなったり、他人の言葉や態度に敏感になったりするケースが多く、嫌なことがあると気分が落ち込んだ状態が続きますが、趣味や娯楽などの好きなことは楽しめるので、周囲の人からは理解がされにくい傾向があります。うつ病は抗うつ剤や抗不安薬などを処方してくれますが、非定型うつは従来のうつ病に比べると薬の効果が出にくいなどの特徴があります。従来のうつ病は寝付きが悪くなるなどの不眠の症状が出たり、食欲が低下したりして痩せる人が多いです。非定型うつの場合は過眠や過食などの症状が見られることが多く、朝の目覚めが悪くなったり、短期間で体重が増加することもあります。周囲の人からは怠けていると誤解されやすい病気ですが、本人は辛い症状で悩んでいる人が多いので、病気が疑われる場合は、精神神経科の病院やクリニックを受診することが大事です。抗うつ剤や抗不安薬には即効性はありませんが、しばらくは根気よく続けることが大事です。薬の効果が出にくいと感じている時は、カウンセリングなどの精神療法に時間を掛けてもらったり、家族の協力が得られたりする場合は、病院やクリニックに付き添ってもらうと良いでしょう。従来のうつ病は中高年の年代に多いですが、比較的若い年代の人に多い病気です。他人の意見や言葉に左右されやすいので、間違った考え方を改善するためには、認知行動療法なども大変有効です。現代は認知行動療法が受けられる病院やクリニックが増えているので、一度相談してみると良いでしょう。信頼できる経験豊富な医師が在籍をしているクリニックや病院がお勧めです。非定型うつは比較的若い20代、30代の人に多い病気ですが、感情の起伏が激しくなったり、症状がひどくなったりすると周囲の人に暴言や暴力などをふるうこともあります。一般的なうつ病とは違い、好きなことはできるので周囲の人から理解を得るのが難しいケースもあります。気になる症状が見られる場合は、早めに精神神経科のクリニックや病院を受診することが大事です。病院やクリニックでは、問診やカウンセリング、診察などを行い病気が診断されることが多いです。抗不安薬や抗うつ剤を処方してもらえますし、最初から強い薬を出されることはないので、安心して通院ができます。過眠や過食などで悩んでいる人が増えていますが、朝型の規則正しい生活を心掛けたり、過度なストレスを溜めたりしないことも大事です。一般的なうつ病の場合は励ましは良くないと言われていますが、非定型うつの場合は症状が回復してきたら、家事や仕事、学業に復帰をさせることも大事です。適度な負荷を付けることで病気の回復が速くなることもあります。非定型うつはうつ状態が続くこともありますが、適度に活動はできる人が多いので、症状が回復してきたら買い物に行ったり、散歩などの外出をしたりするのもお勧めです。一人一人の体調や症状も違ってくるので、回復のスピードは個人差がありますが、根気よく治療を続けることが大事です。仕事や家庭、学校などでストレスを感じている人が多いですが、カウンセリングなどの精神療法は大変有効です。精神神経科の病院やクリニックは、リラックスして治療が受けられる環境が整っているので、不安や悩みなどを相談することも大事です。

Copyright© 2018 非定型うつ病について理解しよう【時間はかかりますが治る病気】 All Rights Reserved.